クラウドワークスで初依頼をしてわかったアンケート依頼のコツ

先日、ずっと受注側だったクラウドワークスで初めて仕事を依頼してみました。

簡単なアンケート依頼だったので依頼料は最低金額の300円にしたのですが、わかったことがいろいろとあったので書いていこうと思います。

大きく二つ、依頼料とオプションについて、そして肝心のアンケートについての使用感を述べていきます。

そしてアンケート依頼で

スポンサードサーチ



初依頼の内容

依頼内容数学を勉強し直したい社会人に向けてオススメの参考書を教えてください
依頼料300円
単価2円
件数150件
期間1週間
オプションなし

まず、依頼料の300円は1件2円×150件の料金です。クラウドワークスでは300円が最低依頼料金となっていてそれ以下には設定できないようになっています。

アンケート依頼なので手続きの必要のないタスク形式にしました。

そしてオプションはつけませんでした。

 

オプションは必須なのか?

自分の依頼がたくさんのワーカーに伝わるようにするための有料の宣伝のことです。

オプションをつけることでより多くの優秀なワーカーへの依頼のメッセージを送ることができます。

今まで受注側にしかたったことがなかったので、そこそこのお値段がするオプションがたくさん驚きました。

こういうシステム上、普通のことかもしれませんが、というかそりゃそうだよねって思いましたが、今回初めて発注側に立つことではっきりと認知することができました。

こちらはオプションの一部です。

 

そして重要なのはこれです。

 

 

一斉通知は似た依頼を引き受けていた実績のワーカーをランダムで選出してメッセージを遅れるというオプションです。

実はオプションをつけなくても一斉通知を行うことができるのですが、最大30人までとなっています。

アンケートのような大量の回答を求めるものでこの制限があるのは、なかなか厳しいです。

 

私は初めてで試しにという感覚でアンケート依頼をしてみたので、オプションはつけませんでした。

結果、150件中60件の回答を得られました。

アンケートの回答と使用感

回答の内容について

肝心の回答についてです。

正直なところ、結構まともでした。

単純なアンケートでしたが、的外れな回答をしている人はおらず、今後ももう少し使っていこうかなと思いました。

また、クラウドワークスが用意したコピペチェックツールが自動で怪しい回答をマークしてくれます。長文のライティング依頼でも使いやすそうです。

 

料金や件数の設定とアンケートの内容、重要度などの条件をうまく組み合わせれば、自分の思うような依頼ができるでしょうが、最初から完璧に行うのは難しいような気がします。

私が依頼側にたった経験がないからというのもありますが。

 

アンケート依頼の扱いについて

アンケート依頼はほとんどお手軽なものなので、手間がかかるから回答率が低いということはなく、単純に人の目に触れることが少ないのではないかと思っています。

私は、アンケート依頼は手軽に行える分、単価は低いので、やってもやらなくても大して変わらないものという印象を持っていました。

平均的な単価が1、2円で、これらの受注をメインにしようとは考えませんでした。

他のワーカーも同様だと思います。アンケートに回答するくらいなら、他の案件を探して回った方がいいと考えるのも当然です。

なので一覧の中からわざわざ見つけ出す人はあまりいないのかもしれません。

 

多くの人に見てもらうためのコツは?

表示を増やし、多くの人の目に触れるために高価なオプションをつけるというのもいいとは思います。

しかし、アンケート依頼のような低単価の案件に高額なオプションをつけるというのはもったいないような気もします。

もちろんアンケートの重要性や緊急性によるので、そこは各自の都合で感覚は異なると思います。

ただ、オプションをつけるよりも単価をちょっと上げるほうが見てくれる人は多くなるかもしれません。

アンケート依頼のポイントは低単価で多くの回答を得ることなので、ほとんどの案件が10円以下に設定されています。

なので、最低でも5000円近くするオプションをつけるよりも単価を10円、20円上げる方が効果が見込めるかもしれません。

今回、私は300円で1件2円×150件の設定にしていたので、次は1件5円、10円などいろいろ条件を変えて試してていくつもりです。

 

余談:手数料は0・・・・?

依頼をしてみてわかったのは、クラウドワークスは依頼側にはいいサービスということです。

なんせ手数料は0円ですし。

ただ、タスク形式の場合は「タスク保証料」というのがあります。

こちらが払う金額には影響はないですが、クラウドワークス側が手数料をとっているような、いないようなこの仕組みも知っておいた方がいいと思います。

詳しくはこちらをどうぞ

 

今回は簡単なアンケートだったので、次は選択肢が多くて回答に少し時間のかかるような凝ったアンケートを依頼してみようと考えています。